30代バツ2のその後3度目の人妻になって思ったこと

軽く自己紹介

現在30代のバツ2で昨年3度目の結婚をしました。
子どもは3歳、先日生まれたばかりの0歳の2人です。

・経緯や時期

そんなバツ2を経験して、離婚して良かったのかのかを今回綴っていこうと思います。

それぞれの離婚までの期間は…
1度目:20代半ば、約4ヶ月で離婚
2度目:20代後半、約2年半で離婚

1度目の離婚に至った原因は相手の職業でした。

2度目の離婚は家事育児に全くの関心がなかったことに始まります。
このときに1人目の子を産んでいます。

こうしてみると2度目の結婚の方が酷く見えますね。

それぞれの離婚になるまでの心境についてお話したいと思います。

1度目の離婚については別居婚からのスタートで私の中で若いからといって気を張ったものではなく、自立した関係性を築いてお互いを思いやれる関係性を目指しました。
しかし相手の職業に偽りが発覚したときに「思いやるどころのはなしじゃないな」と思い離婚しました。
子どもが欲しいと願っていた相手でしたが将来の不安しかありませんでした。

2度目の離婚の決め手は育児に全くの無関心で協調性がなかったことです。
週末は必ず深夜朝方まで飲み歩き家庭を顧みることがなかったからです。
飲みに出歩いていたら翌日昼まで寝てしまうため、子どもと触れ合う時間なんて考えられなかったようです。
家事は私が専業主婦であったためそこに協調性は期待しませんでしたが育児についてはミルクを与えるのを面倒臭がり、オムツ一つ変えるのも嫌がりました。

後悔をしているとしたら…を考えてみました。

『コミュニケーション不足』

でもこれは結婚に限らず、男女関係において最も難しいことです。
タイミングや相手の聞く姿勢やこちらの話す姿勢など…考えると尽きませんよね。

しかし良かったこともあります。
むしろ良かったからこそ今があるわけですが具体的には

『最終的には自分自身の気持ちに嘘をつかなかったこと』

もちろん我慢だったり忍耐はときに必要なことだと思いますが自分の心や精神衛生を保つことは生きる上で大事なことの一つだと思います。

離婚を決意される方にはこれだけは言っておきたいのが「離婚裁判」「面会交流(お子さんがいる場合)」「養育費」はしっかり行った方がいいと思います。

理由は後々の人生何があるか分からないです。
筆者は2度目の結婚で子どもを授かっており、親権こそ私にありますが裁判等一切行わなかったがために子どものための何かを講じることができませんでした。

結婚というのはしてみないことには分からないことが沢山あります。
本来なら生涯の伴侶は1人であればそれに越したことはありませんね。