41歳 男性 結婚前にお互いの気持ちの確認は必須

人間長い人生のなかで一度は結婚というものに憧れるのではないでしょうか。愛する人間と素敵な時間をシェアすることでかけがえない人生をより充実させることが可能となります。しかし、現代社会なかなか自分の思うようにいかないのもまた現実です。普段の生活のなかで最初は素敵な女性だなと思って結婚するような場合でも結婚した後でもその情熱を維持できるかどうかはなかなか難しいような場合もあります。普段の生活のなかでお互いを大切に思う気持ちが強くても実は自分の思う通りに相手が動いてくれないことがあるように結婚してから初めて相手の嫌な面が見えてくることも十分にありえます。普段の生活をお互いに尊重させながら頑張っていてもどこかで無理をすることも多くなります。私の場合には結婚後妻の自己中で浪費的な考え方に我慢がいかなくなることと思います。私の収入の大半を自分の洋服などに費やすことも多くなっているのが現状です。自分の趣味の時間に多くの費用を費やすこともできずに大変な思いをすることも多くなりました、自分は将来的に子供がほしいと思うようなこともありましたので、そのためにもきちんとした貯蓄を普段からおこなっていたのですが、結婚前にこのような点についてきちんとした話し合いをしていなかったためにお互いの考え方に結婚した後ですれ違いの気持ちが出てきてしまうことが多くなってきました。お互いの気持ちを上手く尊重しながら、適切でハッピーな結婚生活を送っていくことを考えていたのですが、やはり考え方のすれ違いから口論することが多くなり、普段から二人でいる時間がどんどん苦痛となることも多くなってきました。このようなすれ違いが長く続いていくことで自分の時間すら奪われる危機感を持つようなりました。同時期い自分の仕事も大変ハードな時期になりましたので、そのような点からしてもやはり自分の今後の人生をより有意義にするには別れが必要だなと感じました。結婚にやすらぎや居心地の良さを求める自分にとっては彼女の存在が少々窮屈に感じるようになりました。このような点からしても自分の人生のなかで一つの幸福と不幸を感じるいい出会いとなりました。