離婚…から始まる第二の人生は最高!

こんにちは、papa-man です。
僕は3年前に離婚しています。つまりバツイチの独身男子です。結婚して一年足らずで離婚する、スピード離婚でした。でも今となってはそれでよかったと思えています。
僕が結婚した理由は、当時の彼女つまり元奥さんになりますが、元奥さんが30歳に近づいて結婚に焦っていたという点が大きいです。僕は男なのでわかりませんが、女性というのは30歳で未婚っていうのは、ちょっと嫌なんだそうです。特に僕が住んでいるのは田舎ですから、25歳前には結婚している女の人は多いです。だかなおさら30歳までには、という思いが強かったのでしょう。
そんな圧力に流されて、結婚したというのが現実です。
付き合っていた当時は、今まで付き合った彼女の中では一番いい子でした。僕のことを立ててくれるし、年上だったのでいろいろ面倒みてくれましたから。
でも結婚してみると、猫かぶっていたのか…というくらい変わりました。当たりがきつい。こんなにきついこという人だったのか、と毎日悩みました。
僕自身もともと鋼のようなメンタルを持っている強い男ではないので、毎日きつい言葉を投げかけられるとだんだんと一緒に生活することがつらくなりました。
 ちょうどその頃ある事情で仕事をやめることにもなったので、いいタイミングだと思い、離婚を切り出しました。
 彼女にとって僕は理想の男性ではなかったということなのか、あっさり離婚を承諾してくれました。
 慰謝料も特に請求しないということでした。
 それでも離婚の手続きは、結構精神的につらいものでした。しかし、離婚届けを役所に出した後の爽快感はたまらないものでした。
 結婚生活中の僕は、毎日がくすんだ色をしていました。今はそんなことはありません。僕が離婚をしてよかったことは、やはり解放感だと思います。自由があるというのは、とても大きいです。育った環境が違う二人が一緒に生活するのは大変なことです。それを結婚生活を通じて学ぶことができました。一方でこれは結婚生活の醍醐味なのかもしれません。僕には結婚というスタイルが合わなかったのでしょう。
 ただ結婚というものに後悔はありません。してみてよかったと思います。してみないと結婚という幻想を追いかけて今頃婚活パーティーに参加していたでしょう。
 毎日仕事が終われば、趣味に没頭できます。これは結婚していればなかなかできないことでした。
 結婚を否定するつもりはありませんが、結婚すれば幸せになれるという幻想をそろそろ捨ててもいい頃だと思います。
 そして離婚をしてしまえば不幸せだという妄想もすれる時期だと思います。