離婚した途端に運気が急上昇!!

元妻とは結婚して13年目で、元妻の私の預金口座横領が発覚してギクシャクしました。その2年後に元妻は弁護士を伴って、協議離婚を迫ってきました。私は最初驚きましたが、私の知り合いの弁護士に相談したところ、「弁護士は何の権限もないのです。一般の人は弁護士と聞くと恐れをなして言いなりになってしまうのですが、弁護士は裁判所の人間ではなく、何も権限がない、そんな商売なんですよ」という言葉が勇気を与えてくれました。冷静になり、考えてみたところ、元妻の実家は裁判沙汰を何度もやっています。実の兄弟とも財産でもめて、裁判を2 3回やっています。経営していた不動産をやめるため、1階部分の店舗の経営者に退去を促し、裁判を起こし、法廷で相手方にぶん殴られた元妻の父親もいます。そんな奴らです。社会のゴミみたいなもの。かっこつけて弁護士に依頼して、更に金をふんだくってやろう、困らせてやろうという魂胆が見え見えでした。そして私は、相手方の弁護士を最初は、「こちらの弁護士と相談している」とそれなりの返事で返しました。それから2か月、こちらからは連絡を一切入れずにいたら、「大至急、連絡ください」と相手方の弁護士が慌てだした。きっと相手方がイライラしてきたのでしょう。弁護士を入れて追っ払ってやると考え、3ヵ月もあれば片づくと相手方は考えていたのでしょう。こちらは徹底的に無視。すると4か月目に裁判所から通知が来ました。調停を申し立てられたのです。結果的に調停では粘りに粘り、6回の調停を経て成立させました。3回目の段階で相手方の勢いがなくなってきたことに気づいたのですが、相手は金持ちだとアピールするようなお馬鹿さんでした。それが、どんな条件でもいいから成立させるという焦りが見え始めたのです。蓋を開けると、所有不動産のアパートが3棟ある相手方。しかし、全ての物件がレオパレスだったのです。離婚が成立してから1か月ほどでレオパレスの経営破たんのニュースが発表されたのですが、ちょうどオーナー会議の頃にバタバタし始めたのです。1棟所有でも自己破産すると言われていますが、3棟とは馬鹿レベルです。それから、調停している最中に元妻の妹夫婦の旦那が仕事辞めて、実家近くに引っ越してきてプータローしているので将来が見えなくなった。更に、元妻が親しげにしていた市議会議員が急死したなど、相手方は底なしの転落劇に見舞われている模様。対する私は、子供は奪われましたが、仕事も高給の職場に転職でき悠々自適の生活になりました。離婚という分岐点で、どちらかが上がりどちらかが下がります。芸能人、有名人を見ていても急上昇する人がいます。私はどちらに振れるのだろうかと悩んだ時期もありましたが、結論的には、こう言えます。お金で悪いことをするような人は、離婚でその悪いことが一切できなくなります。ブツッと生命線を切られているのです。だから落ちるのです。何も悪いことはせず、それまで通りの生活をしている人は離婚により、悪さをする害虫がいなくなるので全方向に良い方向へと向いていくのです。ですから上がるのです。向こうから申し立てられたのですが、私は現在、こうなってくれて良かった!と心の底から感じています。