45歳 女性 モラハラと経済DVからの決別ですっきり

私は、45歳の会社員で四国在住です。子どもは、3人います。長女は、もうすぐ20歳、下の2人は、中学3年と小学2年の男の子です。離婚したのは、長女が高校生になる直前の3月です。結婚してから、元の旦那の両親との同居で、私も子どももかなりストレスがたまり、耐えかねて、同居を解消し、別の所での近距離別居をしました。別居してすぐに一番下の息子を妊娠し、出産しました。しかし、別居したことによって、元旦那の、モラハラがこれまで以上にひどくなり、それまでは義両親との軋轢でまだっていなかった分余計にひどく感じられるようになりました。だだんだんと、元旦那と顔を合わせるのも嫌になり家庭内別居状態になりました。今では当たり前にモラハラとか経済DVという単語が使われていますが、当時はそのような言葉もそれほど一般的ではありませんでした。3年ほど我慢してみましたが、精神的にも肉体的にも苦痛になり離婚を決意しました。元の旦那は、家のローンと光熱費と自分の車の維持費しか支払わないのに、経済的に苦しいとは、どういうことかとおもいました。育児休業中も食費を出さず、子どものおむつ代やミルク代も出さず、病院に連れて行きもせず、子どもの学校行事にも参加せず、家事ももちろんほとんどせず、こんな旦那なら、かえっていない方が楽だと思ったのが大きな理由です。離婚してからは、落ち着いて寝られるようになりました。よく大型ショッピングモールに買い物に行った際、過呼吸で倒れて苦しんでいましたがそれもなくなりました。30分から1時間耐えれば、回復するのはわかっていても倒れると本当にしんどくて辛かったです。子どもたちも、離婚してからは、のびのびしています。それまでは、元旦那が自分の気に入らないことがあると子どもをどなっていたので、そういう嫌なことから逃れることができてうれしいです。ずっと仕事をしていたので、すぐに離婚に踏み切れたと思います。やはり、親が援助してくれるとか、自分の収入があるので、なんとかやっていける見込みがあるという場合でないと離婚するのは怖いと思います。勢いで離婚すると大変なので、くれぐれもしっかりと準備をして離婚することをおすすめします。