31歳男、精神分裂症だった妻と知らぬ間に離婚!

●離婚してよかったと思うエピソード
・軽く自己紹介
50歳の男です。本当は、振られてよかったと思うエピソードからの続きで書きたい記事でしたが、既にいっぱいで終わってしまったので、こちらを単体記事で紹介します。

・経緯や時期
当方、31歳で最初の結婚にピリオドが打たれました。24歳の時に、6歳年上の職場の先輩が結婚して、先輩の奥様の後輩を紹介されました。同じ歳の女性でした。この女性は、とても良い人で、1年ほど、お付き合いしたのですが、最終的に相手の家庭で諸事情が発生し、ふられました。
そして、26歳になった頃から、彼女もいないし、実家も兼業農家で、そろそろお嫁さんをもらわないといけない流れになり、お見合いの話しが、あちこちから来るようになりました。まだ古いしきたりを引き継いでいた感じの時代でした。
お見合いは、最初に来たのが、うちの母親の知り合いの人の近所に住んでる同じ歳の女性でした。
その後も銀行や信用金庫に勤務している良い感じの女性達や保母さんも紹介されました。だけど、馬鹿正直な私は、最初に来た話しを優先し、お見合いしました。
初めて会った時は忘れません。お互いとても緊張してました。そして、2人で当時、私の乗っていた三菱パジェロで、箱根までドライブしました。
今にして思えば、あまり表情を出さない女性でした。私は、彼女は恥ずかしがり屋さんかなとか、良い方に解釈してしまいました。
その後も順調にお付き合いは進み、半年後に婚約し、1年後に結婚しました。
最初の1年は、2人で仲良く暮らして幸せでした。しかし、その後、元妻の行動がおかしくなりました。妄想をするようになったのです。実はこれは結婚前からの持病で隠されて、結婚後、発覚しました。その後も大変でしたが、夫婦なので仕方なく、一緒に治るように頑張って看病しました。でも治らず悪化して、結婚4年目で私も鬱病になりました。そんな絶望的な生活の中、ある時、一緒に映画を見ている時に、元妻から離婚届を出しといたと言われました。絶句で、もう限界でした。最後の最後まで自分勝手な女性だったと記憶してます。

・その時の心情
やっと解放されたよ。
俺はもう自由だ!

・後悔していること
お見合い結婚でしたが、もっと良い縁談も後からあったので、変に律儀な順番で、先に来たお見合いで結婚を焦って決めてしまったことを後悔してます。もっと慎重に選ぶべきでした。人は見た目だけでは分かりません。

・よかったと思うこと
汚点なので、あまり良かったことはありませんが、強いて言うなら、解放された事と、世の中には色々な人がいることを学びました。運命を恨むことなかれ。

・みている人にアドバイス
結婚は慎重にして下さい!
と言いつつ、現在、再婚した相手の女性が、今の妻で、結婚前に子供が出来てしまったけど、それは嬉しい誤算なので許して下さい。